[トップページに戻る] [プロフィール] [研究業績] [講義・演習] [卒業研究の進め方] [ゼミ紹介][卒論タイトル紹介] [道具箱]

担当教員:小渡悟(おどさとる)・准教授

ゼミの基本方針

002
  • ・何か面白いものを作ってみよう (動かしてみよう)
  • ・プログラミングを通して問題解決能力を身につけよう
  • ・基本的な情報技術に関する知識を習得しよう
  • ・積極的に学外のイベントに参加しよう

特徴その1:

上記の基本方針から,2年次ゼミではマルチメディアアプリケーション(アニメーション,3Dグラフィック,サウンド,カメラ映像,ARなど)の作成方法を学んだ後に各自でテーマを決め,作品(アプリケーション)を作成しゼミ内で発表会を開いています.
作品では入力としてマウスやキーボード以外にUSBカメラ,Kinect(距離計測センサ)を使ったものや,出力としてAR(拡張現実)を利用したものなどがあり,非常にバラエティに富んでいます.

006例1:専門演習基礎(2012年度)「niconicoAR~そして投稿へ~」:カメラで写した映像に文字を入れて某動画サイト風にARマーカーを認識させる

008例2:専門演習基礎(2013年度)「kinect4ルミネス」:Kinectで人物を識別し、その動きに合わせて映像と音楽を提供する

特徴その2:

ゼミや講義の受講生を中心にロボット班(ETロボコンに参加する学生),画像処理班(PRMUアルゴリズムコンテスト,外観検査アルゴリズムコンテストに参加する学生)を編制し,それぞれ夏期休暇中もシステム開発に取り組み,上位入賞目指して頑張っています.ETロボコンチームは,2013年はIT津梁まつりのETロボコン部門で準優勝,2013年のETロボコン地区大会はでは総合3位入賞をはたしています.

特徴その3:

ゼミでは使用できる機材が豊富で,ロボットとしては市販のRIC-30,Rapiro,AR.Drone 1.0/2.0(小型飛行機),レゴマインドストームNXT,EV3(最新版レゴマインドストーム),計測機器としてUSBカメラ,Kinect,Leap motion,超音波センサ,温度・湿度・照度センサ,制御機器としてarduino,Raspberry Pi,出力機器としてモバイルプロジェクタ,ヘッドマウントディスプレイ(Wrap 1200,Oculus Rift)などが利用できます.
先生がガジェット(目新しい製品,面白い小物など)好きなので「気が付くと『謎アイテム』が増えている」という感じです。

010012014016

特徴その4:

積極的に学外のイベントに参加しようということで,ETロボコン,画像処理コンテスト以外にも各種コンテストへの参加,また,研究会での研究成果の発表を行っています.